あなぶき興産

クオリティ QUALITY

暮らしの安全を守る高品質セキュリティ。

住まう方々の安全を守るために、共用部・住戸に至るまで品質の高いセキュリティシステムを採用しました。
安全でありながら、日常的に使いやすく配慮され快適で安心できる性能と言えます。

ハンズフリー「Tebra」システム 岡山市内エリアで初採用!
※あなぶき興産供給マンションにおいて

Clavis

先進のハンズフリーキー「Tebra」を採用。カバンやポケットにキーを入れておくだけで、オートロックを解錠することができます。また約2m以内であれば、「Tebraキー」のリモコンボタンでも解錠できます(共用エントランスのみ)。さらに玄関ドアも「Tebraキー」だけで、施錠・解錠可能と、さまざまな操作が可能な快適システムです。

※通信中の「Tebraキー」に密着して携帯電話や他の金属類があると、通信できない場合があります。

共用部

共用部専用【Tebra pass】を導入。エントランス等をハンズフリーで通過できます。

Tebraキー

Tebraキー

Tebraキー

先進のハンズフリーキー「Tebraキー」は、約42億以上(理論値)の豊富なキーコード違いを持ち、高いセキュリティ性を確保しています。また、電池切れになった場合は、ディンプルキーの挿入による施錠・解錠操作が可能なので安心です。

共用部リーダ

共用部リーダ
(参考写真)

共用部【Tebra pass】リーダ

Tebraキーを携帯するだけで、共用部に設けたリーダが自動的に認証作業を行い、ハンズフリーで解錠します。また、約2m以内ならリモコン操作も可能です(共用エントランスのみ)。

共用エントランス
共用エントランス
「Tebraキー」の特徴
「Tebraキー」の特徴
玄関ドア

各住戸の玄関ドアも「Tebraキー」を取り出すことなく専有部リーダのボタンを押すだけで施錠・解錠が可能です。

Tebra専有部リーダ

Tebraキーをカバンやポケットに入れたまま、専有部リーダのボタンを押すだけで施錠・解錠が可能。さらに音と光で施錠・解錠の操作をお知らせする安心設計です。

  • とても安心な
    「Tebraキー」
    誤作動防止センサー搭載
  • ワンアクション2ロックで
    上下の電気錠が連動
  • 誰もが使いやすい
    ユニバーサルデザイン
image photo
ユーザーカード(参考写真)

ユーザーカード
(参考写真)

ユーザーカード方式

カードの提示がない限りキーの複製ができないユーザーカード方式を採用。不正に合鍵を作成される心配がなく、住まいの防犯性をより高めています。

リバーシブルディンプルキー(構造イラスト)

リバーシブルディンプルキー
(構造イラスト)

不正複製がきわめて困難

5方向22本ピンに対応するディンプルは不正コピーがほぼ不可能。シリンダーからキーパターンを読み取ることも、きわめて困難です。

鍵穴(参考写真)

鍵穴(参考写真)

ピッキングに強い丸い鍵穴

丸い形状の鍵穴は、ピッキングの初期動作であるテンションをかけ難く、また鍵穴が小さいためピッキング工具が入りにくいというメリットがあります。

理論鍵違い数は約5兆5千億通り

キーは断面が丸く、従来の板状の鍵よりも深くディンプル(球状のくぼみ)を刻むことが可能となり、約5兆5千億通りもの理論鍵違い数が生まれました。

安全対策

オートロック
オートロック

不要な来訪者を未然に防ぐオートロックシステムを採用しました。来訪者はまず風除室で訪問先住戸を呼び出します。住人は住戸内にあるテレビモニターインターホンで応対、来訪者の顔が映し出されるため訪問販売や不要な来訪者を確認できます。来訪者は住人がオートロックを解除しない限り、風除室から先は侵入できないシステムとなっています。

24時間トータルセキュリティ
24時間トータルセキュリティ

アルファシリーズは、24時間体制の警備会社と提携し、セキュリティを高めています。万が一非常事態や火災が発生した場合、住戸内にある非常用押しボタンで管理事務室に表示・通報、警備会社にも同時で通報され、非常事態に対処します。またエントランスホール、エレベーターホール、駐車場や自転車置場等の共用部には24時間稼働のビデオ録画付きの監視カメラを設置しています。

災害などの非常時に備えた 防災備蓄倉庫

参考写真

各住戸で保管しにくい防災備品をマンション共用部に設置の防災備蓄倉庫に保管しています。

※掲載の防災備品は変更になる場合があります。予めご了承ください。

※写真は当社施工例及びメーカー参考写真です。※イラストはイメージです。

pagetop